防災ポンプ・雨水利用は 雨水屋ノーマにおまかせ! ●この上と 左のボタンをクリックして 各ページをご覧ください



 
雨水屋ノーマポンプとは
● 特許第4955572号  ● 特許第5022219号
観測井戸・地質調査・地水調査・パージ・採水・手動ポンプ・サンプリング 「 えッ!? なんで!
    これで水が汲み上がるの ?! 」


   
どなたもビックリするほど操作は単純です!

雨水屋ノーマポンプとは
●雨水屋ノーマだけの特許構造
世界でただひとつの手動ポンプ

 ●軽量・携帯・ジョイント式
現場で必要な長さに組み立て

  ●高低差10M超でも OK
30M超でも呼び水不要
 

 大町ダムでの試験の様子

各サイズの 仕様明細
 雨水屋ノーマポンプ  (吐水量の多い ジョイントタイプ )
※ 観測井戸はΦ65mm以上に対応 
呼び径  ジョイント部径 対応井戸径 吐水量 重量 長さ延長限度
Φ32mm  Φ42mm Φ65mm以上 11L/分 7Kg L=20M程度迄
Φ38mm  Φ54mm Φ75mm以上 15L/分 8.8Kg L=15M程度迄
※ 「吐水量」「重量」の数値は L=10Mで計測したものです。
 
細い観測井戸用採水ポンプ  (ジョイントタイプ)
※ Φ40mm以下の観測井戸にも対応  
呼び径  ジョイント部径 対応井戸径 吐水量 重量 長さ延長限度
Φ20mm  Φ25mm Φ30mm以上 8L/分 3.2Kg L=20M程度迄
Φ25mm  Φ32mm Φ40mm以上 9L/分 4.8Kg 30M以上可能
※ 「吐水量」「重量」の数値は L=10Mで計測したものです。
※ 30Mを超える長さに対応可能なサイズは、Φ25mmのみです
このページトップへもどる 
 
観測井戸・地質調査・地水調査・パージ・採水・手動ポンプ・サンプリング
特殊な使用例
左写真のように ポンプをまっすぐ直線にセッティングすることができれば
斜め方向でも 水を汲み上げることが可能です。

写真例
ポンプ全長 16M
高低差   11M
       約45度の斜面にセットした汲み上げ例
●ポンプの材質

本体管(外管)・フロート管(内管)・ハンドルの一部 = アルミ
継手・弁・吸込部・吐出部・ハンドルの一部  = 強化プラスチック
弁  = ステンレスパーツ, ガラス玉



日常・手軽なご使用例  
― 防災用ノーマポンプ ー
 
川の水汲み・家庭菜園・園芸・防災ポンプ・防災訓練 防災用途に特化した
ノーマポンプです

コンパクトで防災倉庫に収納可能

災害時には 倉庫から出して
カンタンに組み立てて
地下貯水槽の水くみなど
役立つポンプです

観測井戸・地質調査・地水調査・パージ・採水・手動ポンプ・サンプリング
● マンション管理組合・自治会組織などの 防災用途で ご検討いただく場合には、お試し貸し出し用の「防災用ノーマポンプ」も用意してあります。 詳細については お問い合わせください。

従来の井戸ポンプとは まったく異なる 雨水屋ノーマ独自のオリジナル構造の「雨水屋ノーマポンプ」は、呼び水不要で 30Mをはるかに超える手動汲み上げも実証ずみです。ジョイントタイプは井戸の深さや 観測井戸の水位にあわせて 現場で必要な長さにカンタンに組み立てて使用できます。軽量で 持ち運びもカンタン、ジョイントは手締めネジ式ジョイントで 専門工具も不要なので 組み立てもラクラク。
ハンドル部1Mと吸込部1MをジョイントしたL=2Mの長さからはじめて 必要に応じて2Mの中間部をジョイントして必要な長さに組み立てて 電気も動力も不用で 水をくみ上げられます。(1Mの中間部もあり)
国立長野工業高等専門学校の戸谷教授が、ポンプ構造についての構造計算と考察をしておられますが、いまだ未知の部分と 将来への発展・可能性を兼ね備えています。

このページトップへもどる 
雨水屋ノーマ   朝日工務店
 〒389-0514
長野県 東御(とうみ)市 加沢1440-22

E-mail :
asahi88@nohma.net
TEL  : 0268-64-2688
FAX  : 0268-64-3298
お問合せ・ご註文は、お電話でもうけたまわっております。
お客様担当者:中島(ピカッとさん)まで お気軽にご連絡ください!
パンダマーク,防災ポンプ,手動ポンプ,自主防災組織,防災リーダー,お問い合わせ,ご註文,ピカッとさん
中島 愛称:ピカッとさん