Φ40mm〜50mmの観測井戸
井戸用ポンプ 高低差50M対応

「細い観測井戸で使えるサイズを」というご要望をもとに開発しました・・・ 
細い観測井戸用 採水ポンプ (ジョイントタイプ)
極細のΦ20mm
 
● 極細観測井戸の採水
Φ40mm以下の観測井戸もOK
● 組立・分解ラクラク
手締めジョイントで工具不要
● 10M超の高低差もOK
しかも 動力いっさい不要! 
 

検査水を「不攪乱」状態で採水できる 世界唯一のポンプです
独自のポンプ構造が、水源を撹拌せず静かでスムーズな吸込みを可能に!
30Mを超えた深さでも精度の高い試料サンプリングができます
詳細はこちらへ
↑吐水側容器  ↑吸水側容器
 
 
 
細い観測井戸用 採水ポンプ の組み立て方法 (L=6Mの例)
極細・観測井戸・採水・汲み上げ・パージ・手動ポンプ・ジョイント式・携帯
● まずロープで落下防止をしながら ポンプ外部本体管を下から順に連結して 観測井戸内に挿入します
● つぎに 内部フロート管を 下から順番に連結しながら ポンプ本体管内に挿入していきます
● 最後に点検キャップ・ハンドル・吐水口をセットすれば ハンドルを上下するだけで水を汲み上げられます
ジョイント方法は 手締めのネジジョイントで工具は不要です! 
 
 
細い観測井戸用 採水ポンプ の参考資料  ( 参考吐水量・ポンプ重量の数値は L=10Mの例 )
名称
ジョイント部径
対応観測井戸径
参考吐水量
ポンプ重量
(満水時)
推奨延長長さ
細い観測井戸用採水ポンプ
Φ25mm x 10M
Φ32mm Φ40mm〜
約 9L/分
4.8Kg
(6.6Kg)
L=30M以上可能
細い観測井戸用採水ポンプ
Φ20mm x 10M
Φ25mm Φ30mm〜
約 8L/分
3.2Kg
(4.4Kg)
L=20M程度
30M以上 対応可能な Φ25mmタイプは 高低差50Mでのご使用例があります  
価格もお見積りとなっております
お気軽にお問合せください

超軽量ジョイント式「細い観測井戸用 採水ポンプ(旧称:雨水屋ノーマ採水ポンプ)」は、現場に携帯して その場で必要な長さに組み立てられ、細くて深い観測井戸からも 採水サンプリングやパージがカンタンにできるので 地質調査現場で活躍中です。
30Mを超える深さでも呼び水なし・動力不要で手動で汲み上げられます。 「細い観測井戸で使いたい」というお客様のご要望に応えて開発した 極細タイプです。
 
 
 雨水屋ノーマ    朝日工務店
 〒389-0514
長野県 東御(とうみ)市 加沢1440-22
E-mail : nohma-pump88@amamizuya.net
TEL  : 0268-64-2688
FAX  : 0268-64-3298
お問合せ・ご註文は、お電話でもうけたまわっております。

お客様担当者:中島(ピカッとさん)まで お気軽にご連絡ください!
パンダマーク,防災ポンプ,手動ポンプ,自主防災組織,防災リーダー,お問い合わせ,ご註文,ピカッとさん
担当-中島 
愛称:ピカッとさん